spec5zigen

教育向けコンテンツ For Education

なぜ、「教育業界」に取組むのか?

スペック五次元の事業の柱は「医療」と「教育」です。

どちらも人間が生きていく為に必要な大変重要なもので、たとえ時代や経済状況に変化があろうとも普遍的なニーズがあります。そして、教育の現場ではタブレットPCの導入などデジタル化の波が広がり、ICT(Information and Communication Technology)の重要性がますます高まってきています。

私たちはiPhone・iPad向けアプリ制作も行っていますので、タブレットPCを使用するコンテンツは得意とするところです。

いつの時代にも必要とされ、到達点のない「教育」分野。今後大いに注目する分野として、「教育」に取組む意義がそこにあるのです。

教育コンテンツの実績を見る
「教育業界」でのタブレットPCを使用するコンテンツ

学校教育の現在

現在、文部科学省が推進する「学びのイノベーション事業」、総務省の「フューチャースクール推進事業」「地域雇用創造ICT絆プロジェクト」などの取組みが進み、現在、実験レベルから実施(拡大)レベルに変わりつつあります。スペック五次元では「教育」分野を全社的に取組むべき事業として、国の施策から教育機関、教育関連企業まで業界動向を意識しながら、積極的に情報収集していきます。学校教育の現在を深く知り、皆さまと情報交換しながら、未来の教材を作るお手伝いをいたします。

「教科書」の歴史は変革の連続

かつて毛筆によって書かれた寺子屋の往来物(教科書)は、近代の技術によって印刷物になりました。

そして、今、パソコンやタブレットPC等デジタル機器の採用と技術の進歩に伴い、教科書はデジタル化が徐々に進みつつあります。印刷された教科書と共存する形、もしくは補完する立場で制作され、教育現場での採用も全国で急速に増えているようです。

かつての教科書が手書きから印刷物へと変わった時代のように、今、ここにきて教科書変革の大きな波がきているのです。

「教科書」の歴史

時代にあった使いやすいツールを作る

子供と先生のギャップ (現場の問題点)

最近の子供たちにとって、デジタル機器はとても身近な存在であり、インターネットやゲームもテレビと変わらない娯楽ツールとなっています。新しい機器が出ても短時間でなじみ、いつのまにか使いこなしているのです。デジタルツールに戸惑いのない子供たちに比べ、教科書の急激な変化に対する現場先生たちのギャップは計り知れないものがあります。デジタル化への過渡期である今、このギャップを埋める為のツールを考えなくてはならないでしょう。つまり、子供にとっても先生にとっても使いやすいデジタル教材の開発が必要なのです。

現在、文部科学省が推進する「学びのイノベーション事業」、総務省の「フューチャースクール推進事業」「地域雇用創造ICT絆プロジェクト」などの取組みが進み、現在、実験レベルから実施(拡大)レベルに変わりつつあります。スペック五次元では「教育」分野を全社的に取組むべき事業として、国の施策から教育機関、教育関連企業まで業界動向を意識しながら、積極的に情報収集していきます。学校教育の現在を深く知り、皆さまと情報交換しながら、未来の教材を作るお手伝いをいたします。

教育コンテンツの実績

私たちは2008年より検定教科書の副教材等のデジタル化や教育系のWebサイト制作に取組んで参りました。

その中で、学校教育の現場で起こっている問題点やニーズ、インタラクティブに教えたい教科、子供が取組みやすい楽しい学習など、様々な課題を知ることができました。その経験と実績を活かしながら、さらに情報収集して業務拡大を目指します。学校教育を中心にデジタル教科書(副教材含む)から塾、eラーニング等の周辺分野まで、「教育」に関わるコンテンツの企画制作は私たちにお任せください。

デジタル教科書:小学生版・中学生版

電子黒板を対象にしたコンテンツを作成しました。 教科書をそのまま
見開きで表示出来る他、ドローイング機能やアニメーションなどを追加し、
忙しい先生方に扱いやすい扱いやすいツールとして作成致しました。

デジタル教科書:小学生版・中学生版
すぐつくれMATH:問題作成ソフト

学校の先生が授業の前に、テストの直前に簡単に演習問題を作成できるソフトを
開発しました。数式問題と図形問題から作成でき、作成後はそのままテスト問題として
印刷できる、現場の先生の強い味方です。 1年生用、2年生用、3年生用があります。

すぐつくれMATH:問題作成ソフト
統計ソフト

小学校の算数では、棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフ及び帯グラフを学習し、度数分布を表や
グラフに表したり、平均や散らばりを調べたりすることで統計的に考えることを学びます。 そして
中学校の数学では、目的に応じた能率的な資料収集や合理的な処理方法として「統計」を学びます。



レゴ エデュケーション

レゴ ジャパン株式会社の教育機関、レゴエデュケーションが運営する、
レゴ®スクールの制作・運用を担当させて頂いております。

レゴ エデュケーション

レゴエデュケーション 関連実績


Top