Search Results

SPEC5ZIGEN Director's Blogでタグ「3D」が付けられているもの

3D

画像処理、マシンビジョン関連機器の総合展示会の「09画像センシング展」をチェックするためパシフィコ横浜を訪問しました。
今年で15回目の開催となるのですが初めての訪問となりました。
RIMG0283.JPG
パシフィコ横浜での開催なのであまり規模は大きくないのですが、ソリッドレイさんのメルマガで開催を知り、3DやVR系の展示が有るようだったので、ビックサイトで同日開催の「デジタルサイネージジャパン」をキャンセルして見に行きました。

思惑通りというか3DやVR系の展示は少数だったのですが、印象に残った展示をいくつかご紹介したいと思います。




一番オモロイかったのはCRESCENTさんの「4D VIEW SOLUTIONS」でしょうか、簡単に説明すると7台のカメラで撮影をした物体がリアルタイムにモデリング!され、テクスチャーまで作成するシステムです。モデリングされたデータはVR空間に反映されつつ、モーションもキャプチャリングするので、不思議な感じがします。
フランスで開発され、ヨーロッパ内で数ヶ所設置されているようですが、詳しい導入事例はわかりませんでした。
技術的にはすごく先端なんですが、用途がいまいち思いつかないです。いただいてきたカタログでは、ゴルフのスイング解析?に利用しているのですがCGにする必要が有るのかは疑問が残ります...。
それとシステム価格がね...。

RIMG0287.JPG
これが「4D VIEW」の全貌です。


table3d.jpg
メルマガをいただいたソリッドレイさんの卓上立体ソリューションです。写真を撮影するのを忘れてしまったので、サイトから借用しました。メガネをかけて机の上を見ると立体に見えます。試みは非常に面白いですね。裸眼で立体に見えたらもっと素晴らしいのですね。


RIMG0284.JPG
TOPCONさんの非接触3次元計測器の「QM-3000」だそうです。デジカメで撮影した物体を3Dモデル化するソリューションです。営業のおじさんにいろいろと説明を聞いたんですが、やはり自動車は難しいようです。CG DATA BANKのモデリングを効率化できたらと思い、このような3Dスキャニング系のソリューションはいろいろと見聞きしているのですが、これは!というような物にはなかなか出会えないのが現状です。カタログやサンプルでは自動車が良く利用されるのですが、実際に聞いてみると「実は難しいんです」というのが実際のところのようです。人物や遺跡なんかは結構いけるみたいですけどね。


RIMG0288.JPG
KGTさんは「metaio」を展示していました。PCだけでなくiPhoneでもARを実現しています。KGTさんでの取扱はまだ始まったばかりのようで、料金設定等はこれから整備されるとのことでした。デモデータは特に目新しいものはまだ無いようです。
「metaio」は某印刷会社さんも担いでいるのですが、手を挙げると代理店になることは可能なのかな?是非とも良心的な料金設定になるように検討してもらいたいものです。
過去のWEB3Dの二の舞いにならないようにね。


RIMG0289.JPG
スリーディーさんの「地球儀型ディスプレイ」です。
マルイです。
丸いです。
何に利用したら良いのか妄想してみましたけど小さいんですよね。
サイズが大きくなるとデジタルサイネージのディスプレイとして活用できるかも!と思っていたらパンフレットに大きなサイズのディスプレイを利用してKIOSK端末にも利用できますと書いて有りました。レンタル価格しか書いていないのですが、恐らく高額商品ですね。
博物館とかに利用したら面白そうです。


写真は無いのですがパナソニック電工さんの「距離画像センサー」は使えそうな予感がしました。簡単に書くと、人物の距離やジェスチャーを1センチ単位でセンシングできる製品で、用途を模索しているようなので、デジタルサイネージでの利用に可能性があると思いました。非接触で画面をスライドさせるとかは簡単にできそうです。


画像センシング展の全体を見回すと、スペック五次元に関連する展示はごくごく少数でした。かつ、最終日にも関わらず、来場者数はかなり少ないように感じました。正直なところ来年はないな?と思いました。
6月24日〜6月26日にビッグサイト開催される「産業用VR展」に期待でしょうかね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

06/16

10:27

3D

総務省が、3次元仮想空間におけるコンテンツの著作権保護に向けた仕組みづくりに着手するんだそうです。

予算が成立すると2009年度中に「サイバー特区」事業として実施し、登録クリエイターにいろいろなコンテンツのライセンスを開放し、2次、3次コンテンツを複数の仮想空間に同期・非同期で配信するらしいです。
配信されたコンテンツがその後どのように流通していくのかという実験や、著作権保護のための課題を抽出・検討するようです。

Cnetのニュースから引用したのですが、いまいち何をするのか解りませんね。
総務省のサイトもチェックしたのですが関連したリリースもないので、速報として伝えられているのでしょう。


弊社では仮想空間内のビジネスではないものの、3次元データの販売を手がけていて著作権保護の動向に非常に興味が有ります。

インターネットを利用した無形のビジネスなので対象が国外に及ぶと非常に面倒なことが多いです。今回の総務省の取り組みも、国内のクローズな市場の実験だけでなく、広く世界でコンテンツを配信している企業や、クリエイターの意見や動向も検討材料にして貰えればと思います。

日本人は以外と真面目な人が多いですが、世界にはホント質の悪い人間がいるんですよね。
詳細はとても書けないけどウクライナの方には悩まされました。

世界でルールが統一されると良いのですが...。
無理だよな。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

04/23

10:53

3D

ベータ版の発表から話題になっていた3DデスクトップのBumpTopがオフィシャルサイトからダウンロードできるようになったようです。

bumptop_desk2_460x348.jpg

BumpTopとはコンピュータのデスクトップの管理をより容易にし、現実世界の机の上のイメージにより近い表現を実現する。フォルダ(そしてアイコン)はランダムに配置でき、重要度を示す大きさに応じて重さを持つ。アイテムは、利用頻度が高いと大きくなったり、大きさは手動でも変更できるようです。アイテムの配置としては、グループごとに積み重ねる、本のページのように表示する、好きな方向に広げる、そして、縦横にそろえて並べる、ということができるアプリケーションです。

コマンドを与える際には通常のOSとは全く違うアクションを使います。

例えばファイルを選択するときは、周りを囲むようにカーソルを操作します。
デモムービーを見ると解ると思いますが、マルチタッチも採用しているようなので、タッチパネルの操作に適したインターフェースのようですね。ピンチアウトして拡大したりといったiPhoneのナビゲーションに近い操作感のようです。




残念ながらMacintosh版は現在のところ用意されていないので、インストールして評価することはできませんでしたが、未来のデスクトップを予感させるオモロイ発想です。
デジタルサイネージでこのような操作感のコンテンツが有っても良いかもしれないですね。
ただし、一般の方にはちょっと難しいかもしれないですけどね...。


なお、オフィシャルサイトでは後日、Macintosh版とLinux版は後ほど用意する旨の表記が有りました。





WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

04/09

19:13

3D

Papervision3Dを使いWEBで3Dを演出したり、ARを使いリアル空間上に3Dを演出したり、画面から飛び出す3D演出があったりと、様々なシーンで3D技術が使われています。
その中でも、おもしろい分野が医療のCTスキャンの技術で心臓や脳などを3Dで表示してくれます。しかもモニタ上でグリグリ回してくれたりもできるのです。また、エコーの技術も発達しており、2Dで確認していた赤ちゃんの写真も3Dで見れたりするのです。医療の技術進化はとても興味がありますね。

それで、このような技術を使い空港の荷物検査でも3DCTスキャンを使用した検査が行われるようになるのです。断面画像を大量に撮影し、それらを組み合わせて荷物の内容を3次元で描き出す事ができるそうです。現在、活躍している荷物検査のシステムは2次元で確認しているので、チョコレートの塊は固形の爆発物のように見え、誤った警報が鳴る場合があるそうです。しかし3次元だと、「チョコレートだとわかるばかりか、そこに刻まれた文字を読むことも可能になる」のだという事です。これで誤報もなくなりスムーズにチェックができるようになるようです。



自分らが扱っている3DCGと同じなのに、扱う物が違うと生活の為になる技術として使われているのですよね。これから、まだまだ生活の1部として進化した3Dの技術が入ってくると思います。とても楽しみですね。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

03/31

08:51

3D

遅ればせながら3月からApple iPhone3Gを使い始めました。
3月よりキャンペーンが始まり2年縛りで端末料金が無料になったんですよね。
改めてiPhone絡みの情報をいろいろと検索していて面白いデモを見つけたので紹介します。
David Oreillyさんというビデオ系クリエイターが「アナモルフィック」という技術と、iPhoneの持つモーションセンサーを利用して制作したiHologramというアプリです。

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

03/05

11:42

3D

弊社では、Flashと3Dを活用したコンテンツ制作の開発をしておりますが、デジタルサイネージでPapervision3Dを使用した例を見つけましたのご紹介します。
昨年開催された、デジタルアートフェステバルと言うデジタルアートの祭典の中で、株式会社REACTORさんが展示された「Ubiq'window+ActionScript 3.0」と言うコンテンツです。
マルチタッチを採用した画面にPapervision3Dを仕様したコンテンツが遷移します。動画を見ていると軽快に動作している訳ではないのですが、通常のFLASHと組合わせた表現方法など良い感じだと思いました。このように、街中にあるデジタルサイネージにも3Dが活用されていくと、表現方法も増えますし、ますますFlashコンテンツの需要が増えてくると思います。

他にも3Dを使ったデジタルサイネージがないかと、お得意のyoutubeサーフィンをしていると見つけてしまいました。詳細は不明ですが、3Dオブジェクトが軽快に動いております。展示会で機械物を扱う企業様など、活用方法があるのかな?と思います。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ制作会社、スペック五次元のホームページはこちら


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

02/17

09:21

3D

スペック五次元の制作スタッフが運営するブログです。
Flashと3DCGの融合について日々汗をかいています。
メンバーを増強したので更新が楽しみです。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

02/14

07:31

3D

2006年からGoogleで無償でダウンロードできる3Dアプリケーションをご存知でしょうか?
その名もGoogle SketchUpです。元は@Last Softwareという企業が開発していましたが、買収後に
無償でダウンロードを始めたという経緯があります。

はっきりいって超古い情報ですが、Google earthのバージョンアップをきっかけにGoogleが3DCGの世界に進出していたのを思い出しまして、どんな状況かと久しぶりにのぞいて見ました。



WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

02/12

22:56

3D

こんにちわ。
2009年も宜しくお願いします!
第1段は趣味に走ってますが、いやいやどうして面白いコンテンツが有るもんです。
Allstateというアメリカの自動車保険のコーポレイトサイトです!
日本のコーポレイトサイトでこのインターフェースはあり得ないと思いますが実際に運営されているサイトです。


WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

01/08

19:22

3D

こんなのやってみたかったです。
トヨタのiQ発売のキャンペーンサイトです。
マッピング用の2Dに自由にペイントして3DのiQに貼り付けてレンダリングされます。
気に入れば投稿してコンテストになっています。
う〜ん...。やりたかった。
image_area01.jpg

WEB・CG・デジタルサイネージコンテンツ・Papervision3D 制作会社
スペック五次元HP  http://www.spec5zigen.com/

自社運営サイト 自動車モデリングデータ販売
CGデータバンク   http://www.cgdatabank.com/

Date:

10/22

09:36